こんなお悩みはありませんか

  • お客さんが減っている
  • すぐにでもお客さんが欲しい
  • 毎月安定した売上がほしい

そのお悩みの原因はなんですか?

コロナの影響?

もちろん、今は、新型コロナウィルス感染症の影響が大きいでしょう。
日本中のほとんどの事業者が影響を受けています。
その問題はあるとして、その他の根本的な原因を解消しなければなりません。

それは、集客は高度になっていて、あなたは対応できていないのが原因ではないでしょうか?

 

ちょっとずつズレてきていて客離れが起こっている

お客さんの悩みや気持ちと使うツールは時代とともに変わっています。
そこを調整しないとちょっとずつ、ズレてきていて、結果として客離れが起こってしまうのです。

スマホの普及、YouTubeの流行、ブログの記事離れ…などなど。
今までブログの記事を読んでいた人が動画を観るようになった。など今まで主力であったあなたの宣伝メディアから人が他メディアに大移動しているということはありませんか?

興味の対象がブログからYouTube動画に移ってしまった。

その集客のお悩み、解決しましょう!

解決策はズバリ3つ!

その中からできそうなものを選んでもよいですし、全部やってもよいです。
比較的時間が取れる今のうちにアフターコロナを目指して実施するのがおすすめです。

  1. HPのトップページをLP(ランディングページ)に変える
  2. 正しいターゲットに対して正しいメッセージを伝えて、成約率をアップさせるのが狙いです。

  3. 毎月安定した売上を発生させる集客のしくみをつくる
  4. リストを収集して、継続的にコミュニケーションを行うことで新規客、リピート客を増やす。

  5. YouTubeなどSNSを使いLPやHPに人を集める
  6. 集客のためのメディアを持つことが長期的にベストな選択です。メディアと集客のしくみを連動させる。

この方法なら自分のメディアを創ることができます。

 

それぞれを説明します

step
1
トップページをLP(ランディングページ)に変える


反応の少ないホームページはトップページをLPに変更するだけで改善が期待できます。
もちろん、形だけのLPではなくて、しっかりと考えて創るLPです。
集客できているトップページがLPのホームページを紹介します。様々な業種で対応可能です。

トップページがLP(ランディングページ)のホームページ

step
2
毎月安定した売上を発生させる集客のしくみをつくる

今、新しい集客の流れが先駆者たちの間で流行っています。
この後、多くの人がマネをしてサービスの成長期に突入します。
この集客のしくみは今が参入時期として最大のチャンスと言えます。

SNSで見込み客を集め、オプトインページ(LP)でメルアドを登録して、セールスページで個別相談の予約を取り、ZOOM個別相談でセールスする。この流れを1年中回すことで、集客をしくみとして動かす。Google検索で問い合わせを獲得するよりもリストを使って販促できることが利点。

step
3
YouTubeなどSNSを使いLPやHPに人を集める(自分メディアが育つ)


集客のしくみができたら、YouTubeなどSNSを使いオプトインページ(LP)に集客をします。
YouTubeやブログをメディアとして投稿を続けることが日々の集客活動になります。



あなたにご提案があります

あなたのお悩みや問題にフォーカスするために、詳しくお聞きしてから適切なご提案をしたいと考えています。
詳しくは、無料オンライン個別相談でお話いたします。


無料オンライン個別相談

LP制作や集客のしくみづくりのための無料オンライン個別相談をお受けします。

 

自己紹介させてください

こんにちは玉井昇です。
私は長年LP型ホームページをつくり、クライアントさんの新規顧客獲得のお手伝いをしてきました。
私がLP型ホームページを作り始めたのは今から15年前になります。
当時、顧客獲得実践会の神田昌典先生が日本に持ち込んだダイレクトレスポンスマーケティングを学んだことが切っ掛けでした。
PASONAの法則というセールスレターの書き方を使ってホームページを制作したのが始まりでした。
飛ぶように売れました。ほとんどの人が結果がでました。それから幾度となく形をかえ今に至っています。
その見込み客を行動させるLPを用いて、毎月安定した売上を作る集客のしくみを手に入れてください。

 

自然体で煽らないLPを作ります

LP(ランディングページ)はセールスを行うページですが、あなたの代弁者です。
あなたが面前の見込み客に煽って売らないのと同様にLPも自然体で説明して販売することが望ましい。
だから煽ったり、うそをついたりしないLPを作成したいと考えています。

 

LPの原稿ご相談ください

原稿が書けない。書く自信がない。という場合は、ご相談ください。
LPに掲載する文章はヒアリングしてまとめることもできます。
原稿についてご不安がある場合はその旨、お知らせください。


クライアントの実績をご覧ください

  1. 1年で1億円売上増加(リフォーム工務店)
  2. 半年で3件合計1億円の受注獲得(地域密着住宅工務店)
  3. 3年半で1億円超えの交通事故治療診療報酬(整骨院)
  4. 開業時の8割がホームページからの集客(弁護士)
  5. 他の制作会社に断られた難しい業種で集客成功(通信教育)
  6. 遠隔の施術の患者さんの集客に成功「今までにない頻度」と評価(気功院)

あなたの強みをわかりやすく伝えれば集客できる

過去の経験から言えることですが、適切なターゲットにあなたの強みをわかりやすく伝えることができればLPやホームページからお客さんはやってきます。高くても売れる強みの発掘が成功の秘訣です。

制作の一例です みんなのお坊さん https://obousann.com/

どうしてこれだけの成果を生み出すことができたのか?

玉井はクライアントをブランディングして売れるようにしている

そう言えば、沢山の社長さんの肩書やキャッチコピーを誕生させました。

  • お坊さん弁護士
  • 聞き上手な税理士(商標登録されました)
  • 32冊出版の税理士とそのスタッフが一気に解決します!
  • あなたのお宅を素敵にするお店(正式な店名になりました)
  • 自己破産の教科書(士業の起業に貢献しました)
  • 飛行機の元整備士が安全にこだわったバイク修理店
制作の一例です あなたを守るお坊さん弁護士円城法律事務所 http://www.enjoh-law.com/
メッセージは「あなたを守る」と「しっかりと時間をとって じっくりお話を伺います」お坊さんであることが安心感を与える強みになる

どんな結果を出すことができたのか?

ほんの一部をご紹介します

客層的な実績

  • 初対面の時からフレンドリー
  • 相見積もりが無くなった
  • 正規の見積価格で売れる
  • ホームページで説明はほぼ済んでいるのですぐに本題に入れる
  • 先生ポジションを作れたので仕事がしやすい

どんな業種に効果があるのか?

単価の高いビジネスは売りにくいと考えがちですが
実はそんなことはなく、私の作ったホームページを公開した翌月に
3500万円の新築建売が売れ、その後6か月以内に合計3件、計1億円を超える
販売を生みだした工務店の事例などもあります。

税理士業務やコンサルタントなど形の見えない知的なサービスの販売でも
顧問契約をコンスタントに獲得されています。

治療院など店舗に集客するビジネスにおいても例外ではなく、
交通事故患者さんの治療を行う整骨院さんでは
3年半で累計1億円を超える治療費の売上がありました。


どうして結果がでるのか、いったい何をしているのか?



どうして多岐にわたる業種で結果が出せたのかと言うと、それは一言で言えばクライアンさんのビジネスの「軸合わせ」をしているからです。

売れないホームページはこの軸がないかズレていいて、人で言えば不健康な状態なのです。

私はそこを修復します。
その結果、クライアンさんに顧客が集まることになります。
それが私のしていることのひとつです。

あなたの売れる可能性を追求します

私のサービスは、あなたの売れるポイントを考えることがメインです。
売れるポイントが明確になれば、それを正しい相手に正しい形で見せれば、顧客化でき、売上につながります。

玉井昇 プロフィール

売れるLPコンサルタント 玉井昇


1994年起業。インターネットの黎明期から集客用のホームページ制作に従事、多くのクライアントの売上増加に貢献。売れるホームページのつくり方、SEO、マーケティング戦略などを紹介した著書が2冊ある。いつしか売れるホームページの専門家と言われるようになる。元 株式会社ソフトプランニング 代表取締役。

著書

株式会社ソフトプランニングとは、1994年に玉井が個人事業としてソフトプランニングを創業、2002年に有限会社ソフトプランニングとして法人化、その後、株式会社に組織変更。創業25年目の2019年に受託制作事業を譲渡し、法人は解散となる。


売上が増加したお客様の実例です

・飛行機の元整備士が安全にこだわったバイク修理店

茨城県にある親子二代で経営しているバイク店。
同じ街道の100m先に大手のバイク店ができ、お客さんがそちらに流れ、顧客が減少していた。

そこで私に制作の依頼がきた。
私は、現社長(息子さん)のスキルを聞いた。
驚いたことに、飛行機の元整備士で米国でパイロットの教官をしていた経験があった。

「飛行機の元整備士が安全にこだわったバイク修理店」
というコピーを創り、技術力、安全へのこだわりが強いことを伝えるようにした。
すると県外からもお客さんが殺到するようになった。
バイクの初心者は大手の店に行き、ベテランは技術力の高いこの店に来るようになった。
現社長(息子さん)はこのスキルを不要と考え隠していた。

・お坊さん弁護士 開業時の8割がホームページからの集客

50代で遅咲きの開業をした弁護士さんで実は実家がお寺でお坊さんとしても働いていた。
開業地域にはすでに古くから実績のある強い弁護士が3人いらした。
あとから参入でしかも遅咲き。

そこで、私は、お坊さんであることを前面にだし「あなたを守るお坊さん弁護士」というキャッチをつくり信頼できる安心感と相談しやすいことをアピールした。

開業時の8割がホームページからの集客で他府県からの依頼が多かった。また、新聞などのメディアからの取材や講演依頼も来ている。

この方もお坊さんであることを隠そうとしていた。関係ないからというのがその理由だった。

・1年で1億円売上増加の女性社長のリフォーム工務店

埼玉県でハウスクリーニングを家族でやっていた会社がリフォーム事業に参入するためにホームページを私に依頼。
投資物件のリノベーションに特化して「入居率がアップするリフォーム工務店」というキャッチで空室対策に強い工務店の女性社長というブランディングした。

すると都内の投資家(女性)がホームページをみて依頼してきた。その女性社長を気に入り何棟も発注…。
そのようなことが続き、気づいたら1年後に売上が1億円増加していた。
7000万円が1億7000万円に。


 

PAYPALでのお支払いについて
PayPalの還元条件に合わせて決済頂いた場合、5%相当額を還元いたします。

キャッシュレスで5%相当額還元

Copyright© 顧客獲得プロジェクト , 2020 All Rights Reserved.